うちの可愛い子

私の家には、とても可愛い女の子が居ます。
名前はロッサ。
3歳のトイプードルです。
色はグレーで、もこもことしているその姿が私としてはすごく愛らしく、本当にいとおしいのです。
端から見ると、私はその子を我が子の様に愛しているのだとか。
私自身は、そんなに周りから見て溺愛している様な態度を取っているつもりはなかったので、
そんな風に言われたのには驚いたのですが、
でも、確かに私の家の子は本当に可愛いので、
きっと溺愛しているのだろうな、なんて思ったりもしています。

さて、そんな私の可愛い子と、私は毎日散歩をしています。
といっても、雨の日は「ごめんね」と思いつつ散歩をしていないので、
毎日散歩をしていると言うことは、実は出来ません。
そんな感じの私なのですが、今日は散歩に行ってきました。
リードを付けて、そして私の横をちょこちょこと歩く姿は、
私としては本当に愛らしいな、なんて嬉しくなってしまいます。
そんな姿を見るためにも、実は私は散歩をしていると言っても過言ではありません。

さて、散歩の途中で、今日は、工事をしているところに行きました。
時間帯が時間帯だったので、まだ重機は動いていなかったのですが、
うちの子にしてみると、大きなものがあるからか、すごく驚いていました。
そして、それに近づくのを断固拒否、という感じだったんです。
まるで、「イヤだ!こっちには行きたくないよ!だって大きい!イヤだ!!!あ〜〜〜!!!」
って感じで、私の後ろに隠れてなかなか歩こうとしてくれません。
そして、引っ張りすぎるのもかわいそうだと手加減していたら、
座ってしまい、まるで道路にしがみついている感じになってしまいました。

普段は利用していない道。
今日は気分を変えて歩こうと思って連れてきたのですが、
うちの子が重機をこんなに嫌がるなんて思いもしませんでした。
と言うことで、いつまでもそこで座っていることも出来ないし、
もちろん、リードが付けてあるから引っ張る事は出来るのですが、
さすがに道路を引きずりたくないので(だってかわいそうです)
私はしょうがなく、うちの子を抱っこしました。
すると、何かちょっとだけプルプルと震えていました。
どうやら本当に怖かったようです。

普段は本当に勝ち気で、負けん気の強い女の子だと思っていたのですが、
彼女にも弱い物があると知ることができて、なんか私はちょっと得した気分になりました。
ちなみに、その重機が見えない所まで抱っこしていくと、
「降ろして!」という感じで彼女は下に降りたがりました。
そして、道路に降ろしてあげると、その後は普通に家まで歩いていってくれました。
でも、家に帰ってから急いで水の所に行って、そして思い切り水を飲んでいたのですが、
やっぱりあの重機を見たのは、彼女なりにちょっとした衝撃的な事件だったのかもしれません。
と言うことで、気分転換に道を変えてみたのですが、
また明日からはいつもと同じ所を通って散歩に行こうと思います。

でも、いつもの道の所で工事をしていたら、次はどうしよう?
また道を変えるべきなのでしょうか。