今日は予防接種

0556261d0b052972513790f9ae4e3413_s今日は、いつもお世話になっている獣医さんの所へ行って予防接種をしてきました。
「今日はお出かけするわよ」と私。
「・・・(無言)」のウチの子。
普段も、私が運転する車で出掛けているので、
それに関しては何も不思議に思わないだろうと思っていたのですが、
どうやら彼女なりに、何かしらの異変を察知したようです。
と言うことで、今日は獣医さんに行く事を内緒にしてとりあえず車に乗せてみました。
とはいえ、やはり何かしらの異変を感じているようで、普段だったら喜んで車に乗るのですが、
今日は何か、玄関から外に出るのも嫌がっている姿を見ることが出来ました。
確かに、私も毎年インフルエンザのワクチンを接種しているのですが、それはそれでイヤなんですよね。
痛いし。
そもそも、私は痛いのが苦手だし。
ですが、私がインフルエンザで倒れてしまった場合彼女の世話を誰がするのだろう、と思うと、
私はそう簡単には倒れていられなかったりするのです。
なので、イヤだけど予防接種を私はするようにしています。
と言うことで、彼女の「イヤだ」という気持ちは十分伝わってくるし、
私自身もその気持ちはかなり理解することが出来るのですが、
それはそれ、これはこれ。
理解は出来るけれど、必要な物はちゃんと接種しておいて貰わなければ、
という感じで、無理矢理ですが獣医さんに連れていきました。

車に乗せて、数分。
彼女は普段であれば、結構外を見たりするのですが、
今日に限っては、大人しくシートに座っていました。
そして、獣医さんが見えて、駐車場に車を止めて、
車から降ろそうとしたところ、断固拒否!という感じになってしまいました。
まあ、うちの子はトイプードルで、しかもちょっと小さめの子のようなので、
別に私の力でも車から降ろす事は可能なのですが、
本当に嫌がっているのを見て、何かちょっとかわいそうになってしまいました。
まあ、だからといって、予防接種をやめるなんて言うことはしないんですけどね。
と言うことで、彼女を抱えて、そして獣医さんの中に入って、受付を済ませて、待つこと数分。
「○○ロッサちゃん」
と呼ばれたので、診察室の方に入っていきました。
そう言えば、獣医さんに行くと、ロッサの名前を私の名字を付けて読んでくれるのですが、
何かそれがすごく不思議に思ったりしてしまいます。
くすぐったい、と言う表現の方が正しいのかな。
とりあえず、そんなくすぐったさを感じながら私はうちの子を連れて、診察室に入りました。
そして、何も問題がなかったので、早速予防接種、と言うことになったのですが、
そこでもうちの子は断固拒否、という感じでした。
もちろん、先生は慣れた物なので、そんな様子も全く苦にすることなく、
さっさと注射を済ませてしまったのですが、針を刺した瞬間、
「きゃっ」とうちの子が言ったので、多分ある程度痛かったんだと思います。
ついでに、帰る時には既にケロッととしていて、普段のウチの子に戻っていました。

良く頑張ったね。
偉かったよ。
これから、病気になってお金がかかることもあるので、これを機にペット保険に入ろうかなと思いました。
調べてみるとPS保険が良さそうだったので、これに入ろうと思います。