くろねこルーシー

意外に少ない黒猫を主役にした映画

「くろねこルーシー」は、意外に少ない黒猫を主演動物に据えた映画です。

黒猫といえば「魔女の宅急便」のジジのように魔女や魔法使いのお供としての存在が一般的となっています。

日本では西洋も魔女文化が入ってきたのは比較的最近であるので欧米各国と比較して黒猫に対してのネガティブイメージはあまりないはずなのですが、それでもなんとなく黒猫は不吉で縁起の良くないものというふうに思いがちです。

そんな考えがあるのでしょうか、実写で動物を使った映画やドラマでは黒猫が登場するものはかなり少なかったりします。

「くろねこルーシー」は2012年秋に公開された映画なのですが、実はこれが邦画史上初めての黒猫をメインキャストにした映画であったりします。

物語は映画とドラマ版があり、映画版の制作にあたって前に作られたテレビドラマのストーリーのスピンオフとして映画が制作されたという形が取られています。

どちらのバージョンでも登場するのはルーとシーという二匹の黒猫で、占いを気にしすぎる主人公の男性と占い師の父親の二人を軸に展開していきます。

ドラマ版の主役は山本耕史で、既に亡くなってしまった父親役として塚地武雅が配されています。

映画版は亡くなる前の父親の話となっており、父親が二匹の黒猫とどのように接してきたかということを描くことでドラマ版に話しが続いていくというのも新しいストーリー展開です。

二匹の黒猫が親子の絆を深める

物語の冒頭では主人公の男性が自分の運の無さを嘆いているときに、父親がかわいがっていた二匹の黒猫と出会います。

父親は生前まで占い師をしており、その時には二匹の黒猫を使った「黒猫占い」というものをしてちょっとした人気者でした。

しかしあまりにも父親がネコばかりをかわいがっていることに反発をして主人公の男性は家を出てしまいます。

それ以降目の前を黒猫が横切ると必ず悪いことが起こるというジンクスを抱えてしまうのですが、父親が亡くなった時に当時かわいがっていた二匹の黒猫の子供である二代目のルーとシーが発見されます。

最初は大嫌いな黒猫との生活に反発をしていた主人公でしたが、やがて父親との思い出がフィードバックされるようになりやがて自分も父と同じ道を選ぶようになるというふうに展開していきます。

映画版では生前の父親についてより詳しく描写されているので、親子二代の絆とその間に入った二匹のネコの存在をより詳しく知ることができます。

現場でも大人気の二匹の黒猫

映画版の黒猫ルーとシーを演じたのはスモークとモアという二匹のネコです。

その母親役の黒猫はジャックと言い、それぞれが名演を見せてくれました。

映画の舞台挨拶にもこのスモークとモアは登壇しており、現場で相当可愛がられていたというエピソードが披露されました。

動物の中でもとりわけネコは気分屋なので思うように動いてくれるとは限りません。

そんな中でもスモークとモアは撮影中の様子を撮した写真や映像ではとてもおとなしくしており、二匹仲良く過ごしている様子が伝えられています。

舞台挨拶の他にも映画の宣伝用としてあちこちに顔を出しており、かなり演者さんたちとも仲良くなったらしいということがわかります。

「くろねこルーシー」はとてもハートのあたたまるよいドラマと映画なのですが、それ以上に黒猫たちの新たな魅力を発見できる猫好きにおすすめの作品と言うことができます。